暮らし方改革?

昨日に引き続き・・・

体感会絶賛開催中です

温湿度データロガーを3基設置

2F寝室ウォークインクロゼット

 

26.1℃

 

1F洗面脱衣室

 

25.8℃

LDK

25.5℃

パントリーの内外温度計は

・・・屋外31.6℃

室内25.8℃

勿論エアコンは1台のみ

稼働させています

吹き抜け上部に設置した

壁掛けルームエアコンにて

ホントに1台で1軒を賄っています

 

壁掛けルームエアコンを使うのも

ちょっとしたこだわり・・・

 

ランニングコストや

将来のメンテナンスを考えても

 

天井埋め込みエアコンは

避けたいものです

そんなエアコンですが

容量計算にて機種を選択し

 

暖冷房のシミュレーションを行い

採用としていますが・・・

 

シミュレーション上は

うまくいく事は分かってはいても・・・

 

それでも実測でこれだけうまくいけば

・・・笑いが止まりません

 

設計と暮らし方で

快適健康&省エネは実現可能な事を

是非知っておいて頂きたいものです

さて今日は・・・

「暮らし方改革」の話

 

働き方改革は随分お馴染み化し

 

この度の新型ウィルスによって

良くも悪くも世の中に浸透し

行き渡った感も有りますね


この潮流はある程度残る

あるいは今後

主流になるやも知れません・・・

 

が、そうなると・・・

 

「家」で過ごす事が多くなる訳で

 

「暮らし方」の改革も必然だとは

思いませんか・・・?

そこで「暮らし方」で最も気になるのが

・・・「光熱費」

 

今まで会社の電気やガスを使っていたものが

自分自身に降りかかってくる訳で・・・

 

それって在宅すればするほど

大きくなるって事ですよね

LDKでエアコンを使い

子供室でもエアコン

 

そして書斎あるいは

寝室にて執務をするなら

・・・エアコンは必須

在宅で仕事をすると云う事は

照明にエアコン3台に給湯やトイレまで

普段ではそんなに使わないエネルギーを

沢山使う事になります

 

しかも・・・

再エネ発電賦課金の上昇により

電気料金も上昇しています

果たして皆さんの家はそうなった時に

光熱費・・・大丈夫ですか?

 

高気密高断熱で太陽光発電搭載なら

上記の心配は・・・無用

 

「暮らし方改革」

そろそろ真剣に考えませんか?

 

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家