レジリエンス住宅

雨が続きますね・・・

 

スタジオの紫陽花も花真っ盛り

自然の摂理で必要不可欠なのですが

 

2年前の本日

西日本を襲った豪雨

沢山の被害をもたらしました

※画像は全て山陽新聞社から引用

 

倉敷市の被害が取り上げられますが

実は弊社の近所でも

このような状態でした・・・

 

たまたまですが今現在も九州では

豪雨により大きな被害が出ています

やはり環境の変化でしょうか?

温暖化 → 異常気象 → 自然災害

財産が失われ

人命迄もが犠牲になっている昨今です

そこでこうした災害は

ある程度起こると想定し

 

それらに耐えうる住まいが

今後は必要となります

 

又は被災した際に

いち早く復旧できる住まい

 

所謂・・・レジリエンス住宅が重要なのです

 

 

実は環境省が推進する

「CASBEE」建築環境総合性能評価システムに

レジリエンス住宅が存在しています

 

「免疫力」、「土壇場力」、「サバイバル力」と題し

其々で評価できるようになっています

 

因みに土壇場力と題して

レジリエンス度を測るチェックリストが

有りますので・・・皆さんもお試しあれ

CASBEE_resilience_checklist

 


ともかく今現在では

想定外と云われる災害が起こりうる事と

そうした際の備えが必須だと云う事

 

最低限・・・

高い「耐震性能」や「火災」「台風」に

耐えうる強度が必要ですし

 

警報時の情報収集や

避難の際の防災グッズの用意なども

備えあれば憂いなし

 

そんな時代になったと云う事

 

皆さんも「レジリエンス住宅」

是非関心を持たれてはいかがでしょう?

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家