デザインは必然

いや~っ・・・怒涛の4連休

 

4日間で11組のお客さまに

ご来社ご来場頂きました(感謝)

 

私も少々・・・しゃべり過ぎました

 

本日も午前中は新しいお客さま

住まう場所について

悩まれているそう・・・

家づくりにおいて

悩みや問題はひとそれぞれで

 

それらをひとつづつ

クリアして行かないと

家づくりは進みません・・・

 

いずれにせよ

中々簡単な事では無いですよね

我々から云える事は・・・

 

何の為に「家」を建てるのか?

だと思います

 

その答えも

人それぞれであって良いのですが

 

一つだけ云えることは・・・

家は生涯住まう器です

 

一時の気分や判断で

簡単に決めないで頂きたいと云う事

世の中は常に移り変わり

 

今回の新型ウィルス騒動で

実際に世の中が変わったと

云えると思います

 

特に人と人とのかかわりや

仕事に対する思いや取り組み姿勢も

そうでは無いでしょうか?

我々も皆さんも

刻々と変化する時代に

 

何の為に家を建てるのかを

真剣に考えて行かないと

いけない時代だと思います・・・

 

もしその答えが知りたいなら

是非一度お会いしましょう

 

本日お越しのKさま

良いご縁になれば幸いです

さて午後からは・・・

何と約1年ぶりのSさまのご来場(感謝)

 

じっくりゆっくり

進めて来た家づくりですが・・・

 

少し進展?いや動きが有ったようです

当初希望していた地域から

少し変更が生じ・・・

その旨を伝える為と

 

弊社のショーハウスseasonⅡが

好みのタイプにドンピシャと云う事で

体感見学を兼ねていらっしゃいました

確かにショーハウスseasonⅡは

豪華高価な資材は使ってはいませんが・・・

 

デザイン的には我々の好きなように

させてもらっていますから・・・

 

細部・・・所謂ディテールは

凝った納まりでその集合体なので

美しく感じる事は間違い無し

 

そんなところも魅力に感じて頂ければ

・・・我々も嬉しいです

見学体感の途中土砂降りでしたが

その後雨も上がり屋外外観についても

じっくり見学して頂けました

 

住まいにおいて外観は

維持管理やランニングコストに

大きく影響する部分です

 

特に箱型の外観や軒が出ていない軒ゼロや

カッコいいですが軒天井の逆勾配は

将来雨漏りのリスクが高くなります

そしてそうした適材適所に

それに合った資材を使うのが

リスク低下につながります

 

例えばショーハウスseasonⅡでは

 

軒が無い箇所の壁は

風雨に当たっても良いように

屋根材と同じガルバニウム鋼板を採用し

 

ガルバで単調になる壁に

ふかし壁をタイル仕上げとして

デザイン的に盛ってます

 

弊社の真骨頂パッシブも

外観の仕上げも意味のあるデザインなのです

 

将来責任を取らないつもりの

県外の設計事務所に

 

デザインを依頼するときには

くれぐれも気を付けましょう

 

デザインは必然!!

我々のポリシーです

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家