株式会社 近藤建設興業

師走の候・・・

2019.12.6

何か・・・最近「師走」って

聞かなくないですか?

 

12月の年の瀬ですが・・・

「師」は走らなくなったのでしょうか

でも「師」は走らなくても

我々は走ってます

 

本日はおめでたく

地元津島にて祝上棟です

今回の建物は

全体的には「和」で

 

和室には絞り丸太の床柱や

欅調の蹴込板に床板など

 

天井も底目地板貼りの

真壁仕様で本格和室となります

その他にもリビングの勾配天井に

玄関ホールの吹き抜け

 

鋼製階段や鋼製手摺

玄関と和室から望める坪庭等々

 

オリジナルのこだわり満載です

ここ最近急に冷え込んで

早朝は凍えるようでしたが

 

大工さん達の熱い気合で

いつも以上の

スピードで進んで行きます

いつも上棟の際には

お施主様がその進捗スピードに

驚かれます

 

そしてこの進捗スピードは

今日だけなんだといつも答えます

何故?上棟の際だけ

進捗率が良いのか?ですが

 

実は何日も前から作業手順を考慮し

しっかりと下準備を行っているからなのです

どの業界でも共通でしょうが

「段取り8分」って聞いた事ありません?

 

下準備80%仕上げが20%と云う意味

どうしても形になる仕上げ作業に

得てして即取り組みがちですが・・・

 

何の準備もしないで

仕上げばかり行っても

中々完成しないものです

 

しっかりした80%の準備で

残りの20%が決まる・・・

 

仕事も人生も・・・全てにおいて

共通してるのかも知れませんね

本日驚かれたお施主様にも

その辺をお伝えして

納得して頂いた訳です

そして本日の邸宅

先日も紹介したIoTを採用した

先導モデルとなります

 

今後の進捗がますます

楽しみですね~

 

お施主様のWさま

本日大変おめでとうございました

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次