株式会社 近藤建設興業

バランスが大事

2015.10.18

DSCN9623

建てる家もあれば壊す家もある・・・・

倉敷市は連島 築40年になるそうです。

珍しく今日は御自宅まで出向いての出張ヒアリング

 

戦後70年でこのように

日本の家は何度も建て替えられてます。

 

諸外国に比べ日本の家の寿命が短いのは

今まで質より量を優先してきた戦後の復旧や

経済成長が影響してると云われています。

DSCN9843

でもこれからは少子高齢化に伴い

人口も減少し沢山の質の悪い家は必要なくなり

量から質へと転換します。

こちらのお宅も様々な思い出と歴史を刻み

生まれ変わります

寂しいようで楽しみでもあります。

お施主様のW様引き続き宜しくお願いします。

DSCN9850

さぁ午後からは来月上棟のM様

インテリアの最終打ち合わせ

おなじみのパナソニックショールームです

DSCN9852

インテリア打ち合わせの最後は

カーテンと玄関タイル

外装材に合わせ

あらかじめこちらでチョイスしたものから

選んでいただきます。

DSCN9853

実はインテリアの打ち合わせって

それぞれの色柄決めは我々のエスコートにより

トータルバランスが取れるよう誘導しています。

 

お施主様もその場の色柄決めは判断できますが

次のステップに移ると以前の色柄は

・・・・残念ながら飛んでしまいます

 

時々お施主様単独でショールームにて

色柄を決めている様子を目にしますが・・・・

 

実はとんでもない事で

プロとしてやってはならない事だと思います。

 

なんの為のプロなのか?

目を疑いますね

DSCN9851

「おかやま暖涼の家」は

高性能とパッシブデザインを謳ってますが

実は細部のインテリアやデザインに至るまで

バランスをとって提案されてるんですよ!

 

何事も・・・・バランスが大事と云う事です

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次