株式会社 近藤建設興業

LCCM住宅

Life Cycle Carbon Minus

LCCM住宅とは

ABOUT LCCM

LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは、住宅を建築する段階から、居住し、解体に至るまでの住宅の一生を通して、二酸化炭素排出がマイナスになる住宅のことをいいます。

この(1)住宅を建築する段階(2)住宅に居住する段階(3)住宅を解体する段階、これら全ての段階を含んだ住宅の一生のことを、『住宅のライフサイクル』といいます。

建築・廃棄段階も含めて
住宅のライフサイクルトータルでCO2収支をマイナスにする

CO2削減の最終目標
となるLCCM住宅

ABOUT LCCM

地球規模での環境への配慮や持続可能性が叫ばれる現在、CO2の削減は日本でも最も重要な政策課題のひとつです。一方で、建築で使用されるエネルギー消費量は増加が続いており、その対策が強く求められています。

そのための取り組みとして、これまでも「省エネ基準」「認定低炭素住宅」「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」など様々な省CO2対策が行われてきました。そして、それら省CO2対策の最終目標として、さらに強化した政策として提唱されているのがこの「LCCM住宅」なのです。

CO2削減の最終目標となるLCCM住宅

日本の地球温暖化対策目標は、2030年までにCO2排出量を26%削減(2013年比)となっており、なかでも家庭部門CO2排出量の削減については約40%という数字を掲げています。(2016年5月13日閣議決定)

ZEHのその先へ

私たちは普段の生活の中で、実にさまざまなシーンで電気やガスを利用しています。つまり、地球の資源である石油や石炭を燃やして発電し、二酸化炭素を発生させています。

この、住宅に居住している間の年間一次エネルギー消費をゼロ以下にする住宅を「ZEH(ゼロエネルギーハウス)といいます。

ZEHのその先へ

建築・廃棄段階も含めて
住宅のライフサイクルトータルでCO2収支をマイナスにする

住宅の一生を通じて
CO2排出量をマイナスに

LCCM住宅は、建設時・居住時・解体時のトータルでCO2削減に取り組みます。さらにZEHの考え方のように太陽光発電などを利用してエネルギーを創り、それを利用して住まうことで、居住時のエネルギー収支をゼロ以下に抑えます。

それにより、建設時・解体時のCO2排出量も含めて、住宅の一生を通じて長い住宅寿命の中でCO2収支をマイナスにします。

住宅の一生を通じてCO2排出量をマイナスに

運用年数によるCO2排出量の違い(イメージ図)

運用年数によるCO2排出量の違い

補助金制度

Subsidy system

LCCM住宅は、住宅から排出されるCO2の削減を目的に、国土交通省の設ける補助金制度の対象となっています。定められた基準を満たすことで、最大125万円/件、且つ掛かり増し費用の50%以内が補助額となります。

戸建て住宅の省エネ・
省CO2に向けた
LCCM住宅に対する支援制度

担当省庁 国土交通省
補助事業名称 サステナブル建築物等先導事業
対象となる住宅 ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅
ZEH基準
  • 一次エネルギー消費性能

    太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20%

  • 外皮性能

    強化外皮基準

  • 創エネ量

    太陽光発電などにより正味ゼロエネルギーとなる

その他の要件など
  • LCCO2評価の結果が0以下となるもの
  • CASBEE B+ランク以上、または長期優良住宅認定されたもの
補助額 上限125万円/件、且つ、掛かり増し費用の1/2以内
採択方式

事前枠付与方式

事業者が建築予定戸数を提案し、採択された戸数の範囲内で要件を満たす住宅に対して補助を受ける

Pageup
目次