株式会社 近藤建設興業

敬老の日と家づくり・・・

2018.9.17

※出典:総務省統計局資料

 

衝撃的なデータなので

是非知って頂きたい・・・

 

昨日発表になった総務省の統計データ

 

現在高齢者の定義は65歳以上

そしてその高齢者が全人口に占める割合が

な、なんと・・・28.1%になったのです

 

2040年・・・22年後ですが

悲しいかな私も含まれ・・・

なんとそれが35.3%になると云うデータ

 

驚きですよね

 

2010年から人口減少が始まり

あっという間の高齢化社会と云う事です

 

なのでそんな将来を見越した

「家づくり」が大切で最重要になる訳です

さて、そんな衝撃的な敬老の日にも

お客さまの家づくりは衰えを知りません

インテリア打ち合わせも佳境になりましたKさま

最後のカーテンの打ち合わせです

次回の金額確定に向けて頑張りましょう!!

午後からも初めてのお客さまのご来社

当初某ハウスメーカーさんにて検討され

工場見学ツアーまで参加されたそうですが

改めて家づくりを見直したいと

工務店めぐりを始めたそうです

 

日本にはおかしな事に

全く異なる住宅会社が二通りあり

 

一つがハウスメーカー・・・

一つがその他の住宅会社・・・

 

同じような家をつくっていますが

その違いは明白・・・

 

違いは沢山有れども

決定的な違いが一つあります

 

その違いとは・・・・?

 

知りたい方は私までご一報を・・・

 

敬老の日に家づくりを考える・・・

でした

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次