株式会社 近藤建設興業

5年に一度・・・

2019.4.2

広島の夜を引きずりながら

早朝より岡山市内は商工会議所

今日は5年に一度の講習会

 

建設業法で定められた

監理技術者講習です

監理技術者とは?

 

工事現場における工事の施工の技術上の

管理を司る技術者を云います

建設工事の適正かつ

生産性の高い施工を確保する上で

重要な役割を担う責任者

それだけに工事施工に関する

幅広い知識や経験が要求されます

 

よってこうして最新の法令や建設技術に

 

環境の事や最新技術の概要なども

定期的に勉強しないといけない訳です

特に弊社でも

最も力を入れて取り組んでいる

省エネの住まい・・・

 

CO2削減の旗艦の位置づけだと思います

 

最新の情報によれば・・・

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると

 

今後100年間で気温の上昇が4℃~4.8℃

海面上昇が・・・な、なんと57㎝~81㎝

あくまでも今後も今までのように

CO2排出量が減らなければの話・・・

 

人口が減ってるのは

先進国の一部と日本のみ

世界的には人口は右肩上がりです

 

どう考えても

「何とかしないといけない」のです

 

このままだと気温は上がり

海面は上昇する

 

更に大陸の氷が解ければ

これに拍車をかけます

 

我々に出来る事から取り組まないと

 

5年に一度の講習会でしたが

5年後の結果に期待します

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次