株式会社 近藤建設興業

令和元年 祝「締め上棟」

2019.12.21

元号が変わった本年ですが・・・

おかげさまで

今年も沢山の家づくりに

携わられせて頂きました(感謝)

本日は岡山県最西端

井原市に置いて祝上棟です

 

最西端って

一体施工エリアは何処までなの?って

良く聞かれますが・・・

一応事務所から・・・

1時間程度と決めています

 

えっ?岡山市から井原市まで1時間???

 

そうなんです・・・弊社の事務所は

立地が高速道インターに近い為

 

井原市の現場でも

50分程度で行くことが出来ます

家づくりにおいて大切なのは

実は施工前工程と段取り・・・

 

だって住宅をつくるプロですから

工事はきちんとできて当たり前

 

重要なのは施工前だと言う事なんです

よって職人さんの通勤より

弊社の事務所から1時間程度が大切なのです

 

今回は弊社の大工グループに

たまたま井原市の大工さんがいて

 

いつも岡山市内に来てもらってるので

それに比べれば楽勝・・・です

建物はもちろん

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

お気づきの方が居るかも知れませんが

 

周辺の建物と向きが異なるのが

・・・お分かりかと思います

 

弊社の建物は

太陽に向かって建てる

 

これ常識・・・

確かに・・・地域によれば区画整理や

古来の慣習により家の向きが

同じようにつくられてる集落はあります

 

でもそれらが必ずしも

パッシブデザイン的には正しくは無く

 

せっかくの自然の恵みを

使えていない場合もあります

これからは自然環境が人にとって厳しく

もしかすると自然と共生が

難しくなるかもしれません

 

そうした事を踏まえて

 

今の流行りは・・・

 

「窓を小さくして屋外と切り離し

屋内は閉じて機械設備により快適に暮らす」

 

そんな住まいがいかにも

正解かのように取り沙汰されています・・・

果たしてそうでしょうか・・・

 

我々はそれらがすべて正解だとは思いません

 

パッシブデザインは地域に合わせた

最適解を導く設計手法です。

 

その地域に合わせた住まいをつくるべきで

日本全国一律同じ家なんて

やっぱりおかしいですよね・・・

 

工務店とは地域に合わせた家を

設計施工する住宅会社の事

 

やはり家は・・・

工務店で建てるべきだと思いますが

・・・いかがでしょう?

 

令和元年締めの上棟

お施主様のMさま

大変おめでとうございました

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次