株式会社 近藤建設興業

改めまして・・・5項目

2020.6.6

間口8mの南北に細長い

敷地面積43坪・・・

決して恵まれた条件ではありません

 

建物延床面積は28坪・・・

 

コンパクトにまとめ

パッシブデザイン5項目を

バランスを取りながら採用しています

そんな地に建つ

現場体感会の開催です

 

昨今の諸事情で

2時間一組限定とさせていただき

 

よって

上限一日3組さままでとなります

予約はあっと云う間に埋まりましたので

 

ご遠慮いただいた方も多々あり

大変申し訳ありません・・・

さて今回の体感会建物は

冒頭に述べたように決して恵まれた

条件では有りませんが・・・

 

お題のようにガッツリ

「パッシブデザイン」です

「パッシブデザイン」は

・断熱

・日射遮蔽

・通風

・昼光利用

・日射熱利用暖房

の5項目を

バランスよくその地に利用し

最適解を求める設計手法

そんな「パッシブデザイン」は

 

どんな諸条件・・・悪条件の元でも

その地の最適解が設計できます

よっていくら優れたデザインだろうが

素材だろうが機械設備だろうが・・・

 

住んで見ると分かりますが

パッシブデザインの住まいは

日本の家の最上位に位置します

なので「パッシブデザイン」無くして

住まいは語れません・・・

 

が、中々・・・

 

住んで見ないと分からない家に

「パッシブデザイン」を理解して頂くには

至難の技・・・

それなりの基礎知識を知って頂く為の

レクチャーも必要ですし

 

シミュレーションもご理解いただかないと

行けませんし

 

何と云っても家を建てる皆さんの勉強が必須

家づくりにおいて勉強は大切なのですが・・・

 

日々の忙しさと

少しだけ理科的、算数的な知識も必要なので

 

面倒くさいとあきらめたり拒絶したり

 

中には・・・

信じようとしない方が居るのも事実です

でも・・・それらは

とっても大きな損をしていて

 

もったいない事なのですが・・・

 

ご理解いただけない方は

仕方ない事だとあきらめています

 

勿論・・・最善を尽くしての事

 

家づくりにおいて

業者や家を選ぶのは最終的には

家を建てるご自身

 

決めるのは・・・貴方だからです

 

我々は日々

ご理解いただけるよう

啓蒙活動を続けるのみ!!

 

継続は力なり!!

 

 

60年続く家

 

 

 

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次