株式会社 近藤建設興業

こだわりと囚われ

2020.7.2

いよいよ7月ですね~

早いもので2020年も半分が過ぎ

リ・スタートです!!

 

色々あった前半・・・

現在もWithですが

 

さぁ後半リ・スタートは

「気密測定」からです

 

冒頭大工さんと共に笑顔のお二人は

・・・何とお施主さま

 

我が家の「気密測定」に

立ち会われたのです

中区は山崎に建つ

 

「気密測定」結果は・・・

C値0.15素晴らしい数値です

 

「気密測定」は

住まいの隙間がどの程度あるのかを

実測する事で

大工さんの「腕」を量るようなもの

一般的な住宅がC値4程度とすれば

 

此方の家全体で上記の段ボールのように

21㎝x21㎝の「隙間」があると云う事

 

これからの夏にせよ来る冬にせよ

家にこれだけの「穴」が有る訳なので

 

冷暖房に換気に風に埃にと

様々な影響が有るのは否めませんよね

ところがC値0.15となると

その穴がなんと・・・4㎝x4㎝になると云う事

 

このように考えると

穴の大きさだけで快適性が変化するのは

ご理解いただけると思います

 

まぁ住宅の隙間(穴)は無い方が良いのですが

それらは先ず断熱がしっかりしている前提

 

ましてや・・・

そんな隙間(穴)の測定をしないなんて

もってのほか

 

数値はあくまでも

取り組んだ事への結果であって

 

先ずは取り組む姿勢の方が重要で

 

余りにテクニカルに走ると

バランスが崩れたり

コスパも悪くなるので要注意です

 

こだわりは大事ですが

囚われはNG・・・

 

いずれにせよ・・・

先ずは「気密測定」してるかしてないか?

そこの処をお確かめ下さい

 

「気密測定」立ち合いのOさま

本日大変ありがとうございました

さて本日は若干移動が解禁された事も有り

沢山の訪問者が来社されました・・・

 

全員は紹介出来ませんので

いつもお世話になってます

LIXILの面々を・・・

 

弊社担当営業の松長さんに

この度新任された岡山営業所所長の粕谷さん

 

松長さんは高松から粕谷所長は千葉からと

大手メーカーさんは転勤が大変ですね~

本来ならリアルで開催されている

定例会や勉強会に研修等が

ことごとくオンライン化されたりし

 

その出会いの場も時代と共に

変化したようです

 

こうした出会いの場も

今までのような囚われでは無く

 

内容にこだわった

そんな時代になったと云う事でしょうかね

 

我々も

古き良き囚われの伝統文化を継承しつつも

 

新しいこだわりを持つ時が

来たと云う事でしょう・・・

 

果たしてオッサンは

付いていけるのか・・・?

 

 

60年続く家

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次