株式会社 近藤建設興業

唯一無二・・・

2020.9.18

日本製初?の外付ブラインド

LIXIL EB・・・

因みに開発時に私もほんの少し

ご意見番で加わっています😅

 

今後の普及を強く希望します😊

パッシブデザイン5項目の内の日射遮蔽が

先ほどの外付ブラインドならば・・・

 

日射取得は南側の開口で決まります😄

 

皆さんは太陽は東から登り西へ沈むと

思われているでしょうが・・・

 

実はそうした太陽の軌道は1年の内の

「秋分」と「春分」の2日のみです🥴

他の日はと云いますと

今なら・・・

来る秋分までは北から登り北へ沈み

逆に・・・

 

秋分を過ぎて春分までは太陽は南から登り南に沈む・・・😵

これ自然の摂理・・・😄

改めて住宅は・・・

エネルギー消費用は圧倒的に「冬」が多く

よって冬の消費エネルギーを少なくすれば

真の「省エネ住宅」になります😅

なので冬の南側からの日射取得は

1年を通して住宅のエネルギー消費量の

大きな一翼を担う

パッシブデザインの手法なのです🤔

このようにパッシブデザイン手法を

如何なく取り入れた住まいと

 

そうでない住まいとの差は

 

夏涼しく冬暖かく省エネで快適に暮らせる等の

住まいの根幹に関わる大きな差となります😏

しかもその差が入居後延々と

エネルギーを使うことなく

続くわけですから・・・

 

50年60年と長期で考えた時その差は歴然です🤭

 

本日お引渡しのYさま

 

パッシブデザイン手法が

如何なく発揮された邸宅で未来永劫

・・・快適健康で省エネな暮らしを

送れる事でしょう😌

このようにパッシブデザインは

・・・無料の設計技術

 

こうした設計技術は

全国統一でマニュアル化出来るものでは無く

ましてや学んだから

仕組みとして取り入れたから

と云って即実現出来るものでは有りません・・・😆

そして何より・・・

地域の事を知らなければ

設計できない・・・

地域限定の唯一無二の設計手法なのです😁

 

なので地域地場の工務店ないし

住宅会社が取り組む必要が有るのです😐

 

ところがどうでしょう・・・?

何時しか地域地場の工務店や住宅会社は

地域性を生かす住まいをつくる事を忘れ

全国展開のFCやVCに加盟し

 

技術知識や伝統を捨てて

家を売る事に走ってしまったように思えます😣

そうした流れにより皆さんも

全国展開の大手ハウスメーカーを選ぶようになり

負のスパイラルが始まりました・・・😴

 

確かに沢山家をつくる事は今までは必要でした

 

ところが今後も同じように

沢山家をつくる必要が有るのでしょうか?😯

 

家づくりは商売で合ってはなりません

 

家を建てる皆さんは元より

地域にとって環境にとって

そして家をつくる我々や職人さん達にとって

為になるものでなければなりません・・・🤨

 

今後も地域にとってより良い家が増えることを

願わざるを得ません・・・🙂

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次