株式会社 近藤建設興業

その件については・・・解りかねます

2022.7.16

お引渡し前の室内温湿度

夏はジメジメ・・・

冬はカサカサ・・・

 

日本の四季って・・・

情緒豊かさは認めますが

 

自邸での暮らしにとっては

厳しいモノが有りますよね😌

 

完成体感会の邸宅

お気づきの方は・・・

良く学んでらっしゃる😄

 

住宅において快適相対湿度範囲は

大体30%~70%と云われています🤨

 

と・・・云う事は此方の邸宅

相対湿度が70%を超えています😮

 

実は住宅は先ず・・・

基礎に使われているコンクリートが

2年程度の時間を掛けて

700L近くの水分を蒸発します😬

 

しかも夏などの高温時には

木材も熱せられて湿気を吐き出します😮

 

それらにより完成当初は

相対湿度は必然的に高くなるのです😙

 

リアルタイム屋外と屋内温度

同時刻の屋外気温が29.2℃

相対湿度(気象庁データ)が

82%ですから・・・

絶対湿度が23.83g/㎥となります😗

 

室内が25.7℃で相対湿度74%ですから

絶対湿度は20.72g/㎥・・・

 

それでも換気とエアコンで

3.11g/㎥除湿している事になります😅

 

初めてのお客さまをお迎え

夏の不快度はとにかく汗をかく事・・・😟

本来なら発汗して

蒸発時に熱を発散できるのですが・・・😤

 

湿度が高いとその発散が妨げられて

不快を感じるのです😅

 

湿気も・・・

絶対湿度の高い方から低い方へ移動します

 

よってリアルタイムで屋外から屋内へ

湿気が移動しているのですよ😟

 

話題の?SUSキッチン&ミーレ

なので・・・夏も冬も同じなのですが

 

住まいは「気密」をしっかりと確保し

換気は「第1種」を装備するのが

 

最近の岡山での

ベストな組み合わせでは

無いでしょうかね😁

 

吊押し入れにて空間を広く見せます

さて本日の体感会

初めてのお客さまをお迎えして

有意義な時間を

過ごさせて頂きました😉

 

出会いは縁・・・

 

家づくりと云う行為を介してしか

出会う事の無かった方と

お会いできるのですから🤨

 

家づくりってのはホントに

ありがたく楽しくそれでいて

責任は重大な仕事です・・・

 

今後良いご縁になれば幸いです😀

 

午後からはショーハウスにて

ファーストレクチャー

午後からもショーハウスへ

初めてのお客さまをお迎え😊

 

初めてのお客さまをお迎え

勿論ショーハウスにてお迎え時には

私のファーストレクチャーの洗礼?を

受講しないと行けません・・・😅

 

家づくりの基本を学んで頂きます

今や情報収集は

雑誌にインターネット

口コミにSNSやYouTube等々・・・

とにかく多岐に渡ります😙

 

室温25.9℃ 相対湿度58.9%

それだけに・・・

沢山の情報が溢れかえり

その中には間違った情報も多々あります🤨

 

そこで少しだけ情報整理の助言を・・・😆

 

先ずは・・・

家づくり情報を発信している方々の中で

実際に家を業務として建てているのか?

 

最悪でも自邸を建てたことが有るのか?等を

確認して下さい😅

 

弊社オリジナル日除けルーバー

我々は・・・

設計から施工までを一貫して

生業としている工務店と云う立場です😊

 

長く生業としていると云う事は

世間様からある一定以上の評価を

頂戴していると云う事・・・

 

そうでないと・・・

長きに渡り家づくりを生業と

出来ませんからね・・・😅

 

特筆すべきは・・・なんと可変型

皆さんが情報収集している方々の

発信する情報・・・

 

勿論・・・研究者や学者など

きちんと論文にて

オーソライズされている情報を除き

 

家を建てた事の無いような

評論家や資材販売屋さんや

ユーチューバー?の

情報発信を鵜呑みにしては成らない

・・・と云う事です😅

 

時々・・・

「○○さんの○○情報は

どうなんですか?」って

聞かれることが有りますが・・・🤨

 

良く存じておりませんので・・・

 

「解りかねます」と

いつもお応えしています😆

 

故に家を建てる皆さんが

ある程度の学びが必要と

云う事なのです・・・😁

 

ハイ・・・

その件も「解りかねます・・・が」😆

 

1985アクションナビ

https://to1985.net/data/actionnavi/

イベント情報

https://www.kondo-kk.com/event/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次