株式会社 近藤建設興業

家守り・・・

2022.10.30

プランヒアリング中のスタッフ

いや~・・・

良い季節になりました?😅

 

本日10月30日岡山市にて

最低気温 6時33分 7.2℃

最高気温 13時15分 19.8℃

気象庁データです・・・😄

 

弊社スタッフがお話を伺っているのが

本日プランヒアリングのお客さま😀

 

こうして最近では

スタッフ達が立派?になってくれ😁

 

私は研究?とまでは行きませんが

好きな事に専念させて貰っています😅

 

事前ヒアリングシートを元にアクション

そんな中でお客さまから出た話が

「アパートは既に寒いんです~」

と云う切実な不満・・・😑

 

比較的新しいアパートは

省エネ基準をクリアしたモノが

多いハズですが・・・😙

 

旧態依然のアパートは勿論・・・

既に寒い😖

 

しかし・・・最新の基準だからと云って

快適なのとはこれまた異なり

 

あくまでも基準は法律ですから

最低中の最低しか決めていません🤨

 

正に我々が

日々暮らしているルールが

法律ですから・・・当然

拘束力は全く無い訳です・・・😔

 

さてそんなユルユルの最低基準の中

 

皆さんはどの程度の

断熱性能の家を建てれば良いのか?

気になりますよね・・・😆

 

隠れた要望を聞き出すのがポイント

現在日本の断熱性能数値は

UA値・・・W/ ㎡・Kで表記するように

定められています😗

 

熱貫流率の平均なので

一般的に数値が低い方が

断熱性能は優れている・・・と

なっていますが・・・

 

果たしてそうなのか?・・・です😅

 

換気による熱損失や

隙間・・・所謂気密性による

熱損失は含まれていないのが

UA値・・・しかも

 

各部位のA・・・アベレージですからね😆

 

体感的に感じるのは実は・・・

換気や気密性を含めた体感数値Q値😮

 

それでは以下に・・・

実際にシミュレーションしたものを

ご覧いただきましょう🤨

 

室温シミュレーション比較

UA値では確認できない室温が

Q値では確認出来る事が

お判りかと思います😌

 

要は・・・

住まいの快適断熱性能は

UA値では決まらないと云う事😮

 

凸凹や凹凸が多い家は

一見デザイン的にカッコイイ?かも

知れません・・・が

 

当然・・・表面積が多い分

熱損失が多くなります😶

 

しかし・・・

UA値はW/㎡・Kなので

表面積が多ければ分母が増え

 

数値は小さくなり一見・・・

断熱性能が良い?ってなってしまうのです😆

 

パッシブデザインスタジオの

リアルタイム

要するに・・・

家の断熱性能はUA値で決めるモノでは無く

Q値と室温で決めるべきなのです・・・😙

 

此方は弊社の社屋

パッシブデザインスタジオの

リアルタイム室温です😁

 

本日最低室温が22.4℃

最高室温が24.8℃・・・

如何でしょう?😁

 

冒頭の・・・

良い季節になったとは?

 

寒くなればなるほど

断熱性の違いや比較が分かり易くなる

からの良い季節・・・なのです😆

 

お客さま宅の・・・リアルタイム

そしてこちらが弊社のオーナーさま宅の

本日のリアルタイム温湿度😙

 

最低室温20.9℃

最高室温23.0℃

 

共働きのお客さま宅なので

日中は無人のハズ・・・😮

 

このように弊社では可能な限り

オーナーさま宅の温湿度や電力消費量を

実測しています😙

 

それらは今より将来が

より良い暮らしに成るよう

そうした暮らしの実現の為です😊

 

家守り・・・とは

こういう事では無いでしょか・・・ネ😁

 

1985アクション ナビ (先ずはユーザー登録から)

https://econaviom.net/an/ActionNavi/index.aspx

1985アクション

https://www.kondo-kk.com/concept/forwardto1985/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次