株式会社 近藤建設興業

温故創新

2016.10.6

14502957_902927379842286_3402032674517646061_n[1]

南区は新保

「寄棟屋根のタイル壁があるおかやま暖涼の家」

当社にしては珍しい屋根形状です

 

寄棟屋根とは?

 

元来

日本古来の屋根形状だったのですが

 

高度成長期にハウスメーカーさんが

アレンジし

こぞって採用し一般化しました・・・・

 

よって、良くも悪くも

「寄棟」=「総2階」=「ハウスメーカー」的な

イメージが付いてしまったんですね

 

そこを改めて「おかやま暖涼の家」として

パッシブ的にアレンジしたのが

ご覧頂いてる建物です

1475751291921

さて、こちらの建物では今

外壁のタイル貼りが行われています。

 

タイルと云えば・・・・

確かに近年採用率が低くなり

それに伴いタイルを貼る「職人」さんも

少なくなりました・・・・

14595621_902927393175618_7717839983176859236_n[1]

現在住宅業界で

希少な「職人さん」の代表と云えば

・「左官屋さん」

・「タイル屋さん」です

 

それだけ今の家では

仕事が少ないと云う事・・・・

 

ならば少しでも業界の役に立てばと

 

当社では極力

「左官屋さん」と「タイル屋さん」の

活躍の場を設けています

1475751319966

この度紹介したタイル工事は

タイルとタイルの隙間に特徴のある

「カキ落とし」と云う手法

 

採用しなければ廃れてしまうであろう

そんな技術です・・・・

 

このように「温故創新」の元

新しいものを積極的に取り入れる半面

昔ながらの良い物や技術は残して行く

 

その辺にもチョットだけ

こだわっています

1475751275738

しかし、いずれの内容も

家を建てる皆さんを始め

お施主さまの御理解あっての事

 

皆さんの高い志に感謝です

 

今や住宅の仕上げ材も

工業製品の多い中

 

実は「タイル」って

土で出来てますから・・・

 

自然素材の究極であって

 

環境にも負荷が小さい

材料の一つだと思います。

14581383_902927433175614_4967373007674400369_n[1]

引き続き皆さんの御理解と

高い志を期待します!!

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

暖涼の家ロゴマーク

 

logo02

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次