株式会社 近藤建設興業

情報編集・・・

2023.1.15

鍵の寄せ書きが帰って来ました

何時からでしょうね~

思い付きで始めた鍵の寄せ書き😁

 

かれこれ100件以上は

書き込んで頂いてますから

 

十数本鍵が溜まっています😆

 

皆さんは

今どきのデジタル時代に

 

「随分アナログ的な事をしてるな~」と

お思いかもしれませんが・・・😁

 

お掃除ロボットが

アマゾン傘下に入り・・・

 

アイロボットを使うと

間取りが吸い上げられ

 

暮らしに必要なモノが

AIによりアマゾンから勧められる・・・

 

そんな時代も

もうすぐだと云われています😓

 

想像以上・・・ありがとうございます

しかし・・・

幾らAIが情報をストックしたとしても

 

それらは単に情報収集で有って

 

今の時代に重要なのは・・・

 

そうした沢山の情報の中から

正しく

必要な情報を取り出し整理する

情報編集が重要・・・😚

 

今に余りの情報の多さに

AIもパンクしたり

 

混乱したりするのでは・・・?

 

と期待しているのは

私だでしょうかネ😆

 

Zoomにてのプラン打ち合わせ

本日もそんな

デジタルコンテンツを使い

 

お客さまと

プラン打ち合わせが行われました😀

 

確かにデジタル時代に

こうした内合わせが出来るのは

非常に便利で良い事でもあります😌

 

Zoom打ち合わせも手慣れたものです

しかし全てが

デジタルで片づけられる訳では無く

 

未だにアナログも必要で重要・・・

 

奇しくも今日は共通テストが行われ

 

デジタルやDX時代にこうした試験は

未だにアナログなのです・・・😅

 

デジタル化がさらに進み

AIですべてが完結できるなら

 

現場の作業は未だしも

 

我々のデスクワークも行く行くは

無くなるやも?・・・知れません😨

 

いよいよプランクローズか?

すでに3Dプリンターで

小さな家?は

出来るまでになってるそう・・・😅

 

もしかすると・・・?

 

高性能住宅まで出来る時代に

なるかも知れませんよ😮

 

しかし・・・業界の皆さん

そしてこれから家を建てる皆さん

ご安心ください😗

 

規格住宅は別として

皆さんの拘りが有る注文住宅は

 

同じ様に要望を伝えても

設計者により出来上がる家は

全く異なります・・・

 

しかも・・・

それらは住んでみないと

分かりません・・・

 

その地の最適解を読み取り

自然の摂理に従う

 

そんな

パッシブ

+エネルギーデザイン

AIでは作れません・・・😌

 

設計にはツインモニターが欠かせません

最近改めて卒論の為に・・・

 

皆さんがお住いの実邸の

温湿度やエネルギー消費量の

実測値を検証しているのですが・・・🤨

 

そんな中省エネ住宅をつくり

 

エネルギー消費量は抑えても

とにかく電気料金の高騰には

驚くばかり・・・😮

 

最近の電気料金

中国電力管内で平均すると

34.2円/kwh位になっています・・・

 

使用量が350kwh/月だと11,970円・・・

 

恐らく一般住宅では

年間光熱費が

30万円を超えているのでは

無いでしょうか・・・?😫

 

機械設備に頼らない

パッシブ

+エネルギーデザイン

益々大切ですね・・・😗

 

こうした時代ですから

 

皆さんも益々情報編集能力を

高めて行きましょう!😊

 

住宅医協会

https://sapj.or.jp/

イベント情報

https://www.kondo-kk.com/event/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次