株式会社 近藤建設興業

大切な事は?

2017.4.18

新大阪駅前

恒例の新丸ビル

 

勉強の為の一人武者修行です

 

この歳になり

何で「学ぶ」のか?

もちろん若い頃は吸収率も高く

多くの事を学んだと思いますが

 

一向に身についてない・・・

 

それは情報量が多すぎて

どれを取り入れればいいかが

分からず・・・・

 

整理が出来なかった為

 

・・・・と思われます

簡単に言えば・・・

 

若かりし頃は

何をやればいいのかが

決めれなかったのが

一番の要因ですかね

 

故にこの歳になり

進むべく方向性が

やっと決まったって事で

 

ここ数年「学び」に時間を費やし

 

武者修行の日々が

続いてるのであります

それをまた

社内に落とし込む作業も大変でして

 

その手間暇も惜しんで

 

スタッフを直接勉強させる事も多々あり

スタッフ皆にしてみれば

若干災難的な感じも否めません・・・・

しかし!!

こうした取り組みは

 

家の本質の向上や

工務店として生き抜く為の必須条件

 

よってすべては

家を建てる皆さんの為にもなるのです

今後の一番の懸念は

 

家を建てた後の皆さんの面倒を

未来永劫に渡り

見れるかどうかだと思うのです・・・

 

今やいくら大企業だろうが

有名ブランドだろうが

何があってもおかしくない時代・・・・

 

そんな時代だからこそ

 

工務店が長く続くことは

非常に大切だと思うのであります

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次