株式会社 近藤建設興業

回復ならず・・・

2018.2.4

天気回復ならず・・・

沖縄二日目も

一日中強風と雨が降ったり止んだり

屋外でのレジャーは望めず

一路琉球ガラスの工房へ

ガラス?はご存知

「珪砂」と云う「砂」が原料

純度が高いのが水晶とよばれ

加工を加えたものがガラス

もちろん有名なのは「バカラ」ですが

国内にも小樽や萩、江戸切子など

加工やカットの仕方で

様々なガラスが存在しますね

そんな琉球ガラスは

飲料水の廃ビンを溶かして使ってたのが

始まりだそうで

色がカラフルで見た目も楽しいですね

孫2号も初めての体験でハイテンション

ガラスを吹いて膨らますなんて・・・

ビックリでしょうね

釜の温度は1500℃以上あるそうです

制作したものは直ぐには持ち帰れず

温度管理された機械で徐々に

時間をかけ冷まして行くそうで

急激に冷やすと割れちゃうそうです

其々のパートナーで色を変えて

夫婦茶碗ならぬ夫婦ガラス

優しい職人さん達の指導の元

皆、納得の仕上がりです

沖縄に来て30年と云う笑顔の親方は

以前は岡山の笠岡在住だったそう

そして満を持して私の出番

筋がいいとほめられ

ドヤ顔(^^)/

老後の趣味が決まりました

 

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次