株式会社 近藤建設興業

地域活性化!

2018.6.3

雨で延び延びだった上棟

やっと晴天に恵まれGO

場所はなんと北部の津山市

実務で携わるのは初です

2階部分の構造材ですが・・・

 

元々柱や土台は

美作桧を標準としている当社

 

今回は構造材の中でも

横架材に県産材を使用しています

因みに樹種は「杉」です・・・

 

岡山県産の「杉」を使う事で

山の為にもなり

治水や自然環境のバランスにも寄与します

敷いては林業や地域の経済にも

良い効果をもたらし

 

よってそうした行為や事業に

助成金も出たりするんですよ

この度の新築工事も

地元津山のお施主様の意向で

 

県産材補助金や定住の為の助成金を

活用しました

じゃぁ、いつも

県産材を使えばいいじゃないか?

ですが・・・

 

残念ながら今現在では

いつも使う合法木材<県産材の図式となり

 

県産材を使用する方が価格が高くなる

状況となっています

それでも県産材を使うために

増額分を助成金で賄うと云う事

 

まぁ苦肉の策でもありますが・・・

林業や流通業の更なる活性化を期待します

狭小地であり且つ

三角形の土地につき

2階リビングの建物となりましたが

 

水の流れが豊富な河川が近い為

そんな2階リビングから

良い眺めとなる事でしょう

夕方には

お施主様やご両親も駆けつけ

 

大工さん達を始め

我々にまでも労いを頂戴し

本当にありがとうございました

 

初津山進出・・・

病みつきになりそうです

 

パッシブデザイン「おかやま暖涼の家」

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次