株式会社 近藤建設興業

祝上棟 in 真備!!

2020.4.27

とにかく色々ある昨今ですが

何があろうが上棟はおめでたい事

 

こうした混沌とした時期なので

 

家づくりを延期したり取りやめたりと・・・

諸事情はご察しします

でもこんな時だからこそ

早く新居に住まいたいと

 

予定通り工事を進めても

後ろめたさを感じる事もなく

 

何の問題もないと思います・・・

今の住まいは

環境悪化に伴う様々な外的要因に

対抗する為と

 

快適で健康で生涯過ごす為の

器となるものです

だからこそ

耐震、制震、温熱について高いレベルで

バランスの取れた住まいがベースになり

こんな時期だからこそ

既に工事が進んでいる方は

早めに完成させ入居し

 

色んな意味での暮らしの中で

外的要因を排除する必要があると思います

考えてみると

今の家を建てる意味は・・・

 

今までのように多世帯で住まう為では無く

ましてや子供を育てる為の住まいでも無く

 

冷静に考えると・・・

お子さんが皆さんの家に住まう確率は

・・・ほぼゼロです

 

なので長い生涯を見据えての

「自分たちの住まい」だと思います

だからこそ

生涯において・・・特に

 

30年後位から

ランニングコストのかかる家を

建ててはいけないのです

よって今現在家を建てる方は

 

その為の家づくりであって欲しいと

思うのであります

上棟式終了後には

今では珍しい「餅投げ」を行いました

 

勿論形式的ではありましたが

現在はそれすらも無くなり

 

それすらも知らない風潮と

なってしまいました

しかし・・・

時代は変われど、時は流れど・・・

 

大工さんは大工さんであり

上棟は上棟なのであります

 

我々の行いの範疇以外は

どうする事も出来る訳では無く

 

唯々・・・

やるべき事をやるだけなのですね

実はこちらの真備町現場

 

昨年弊社が手掛けた邸宅が隣接し

ちょっとした「平屋のモデルタウン」

 

快適生活の為のプロローグ

始まりです

 

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次