株式会社 近藤建設興業

夜間撮影

2020.4.28

文字通り・・・夜間撮影

 

今日はショーハウスseasonⅡの

プロカメラマンによる撮影です

昼間の撮影を終えた後

夕方の希少な時間を利用しての撮影は

時間との闘い

日の入りが18時38分の本日

18時43分位がベストタイミングです

慌ただしく屋外の夜景を撮影後は

続けて室内の撮影と続きます

夜間の撮影はどうしても

窓ガラスに照明や陰影が移ります・・・

 

それを防ぐ為・・・

室内の照明を全灯で撮った後

同じアングルで全消で撮影

そうする事で二つの画像を合成して

窓の処理を行い

室内撮影の仕上げとするのです

どっぷり日が暮れた

ショーハウスseasonⅡ

辺りが真っ暗になり

スマホで撮影するとご覧のよう・・・

色がしらけて・・・

流石にスマホではこの辺が限界

 

でも今日はスマホの画像で

・・・ご勘弁ください

以前もお話ししましたが

住まいは勿論居住者のモノではありますが

 

その周辺に住まう方達のモノであったり

行き交う人の目に留まるモノであったり

 

なので夜間も美しくないと行けません

しかもライトアップは

昼間の顔と異なる住まいの顔を

見る事が出来・・・

 

そうした照明設計なども

家づくりの醍醐味でもあります

特に・・・

時と共に移り変わる生きた植栽達は

ライトアップにより更に

別の顔を見せてくれます

 

日々季節の移ろいを感じられる暮らしなんて

住んでいて・・・最高では有りませんか?

夜間撮影を含めて

6月発行の雑誌に掲載予定です

 

庭の植栽を含めて

ご紹介出来ると思いますので

その時まで・・・お楽しみに

 

住ごもりの強要される昨今

 

少しでも皆さんの

目の保養になれ幸いです

 

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVE

60年続く家

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次