株式会社 近藤建設興業

最終責任者

2020.8.28

男と云うものは・・・

子供の頃より機械好きが多い😅

 

勿論大人になれば諸事情で

様々な仕事を生業にしなければならないが・・・😆

さてこちら・・・そんなソソル機械は?

全自動地盤調査機

 

住宅を建てる際の「地盤」の良否を

判定する為に行われる

地盤の調査機械なのであります😉

「吉幾三」では有りませんし「ルフィ」でも有りません

只の・・・酷暑対策です😁

 

広島は福山市神辺町某所現場

 

地盤の勉強の為に

リアルタイムの地盤調査研修を

地盤塾の千葉講師を迎えて現場にて行ったのです😓

着工前の現場ですから勿論日影は有りません😵

 

熱中症対策を万全にし望みましたが

いや~っ中々のモノでしたよ🥴

 

でも調査員さんはそんな事は云ってられません

仕事ですからね・・・😠

 

我々はと云うと

調査機器の周りをウロウロしたり

千葉講師の元あれこれ質問したりと

 

調査員さん・・・きっと

いつも以上に暑かったと思いますよ😅

さてそんな地盤調査機とは?

 

鉛直に建てたロッドの先端にスクリューを取付

今回はあらかじめ100㎏の荷重をかけ

機械制御により

25㎏、50㎏、75㎏、100㎏と

ロッドを回転させながら地盤に貫入させていきます😐

その貫入の際の負荷や状況に音?等により

地質や圧密について調査して行くのです🤨

 

無論・・・現場リアル調査が重要なのですが

実はそれ以外にも事前調査も重要で

 

その場所の過去の状況を

航空写真などで確認したり

 

元々の地形や地質を知る事など

 

事前調査の方が重要だと云っても

過言ではありません😁

さて午後からは引き続き座学です・・・😓

 

そこでそもそも・・・

私が何で地盤を学ぼうと思ったか?

ですが・・・😅

 

家づくりを長年行っていると

疑問に思う事が実体験や実務上

生まれてきます😕

 

例えば地震に強い家となると・・・

「耐震」を勉強し

 

快適な暮らしだと温度と熱

所謂「温熱」の勉強をし

 

快適で省エネな暮らしだと

「パッシブデザイン」を学ぶ・・・

 

至極当たり前の事だと思います😁

そしてこの度

いくら地震に強い家をつくっても

地盤が良く無ければ

ダメじゃないか?と云う事で・・・

 

「地盤」を学んだのであります😄

上記が家を建ててからの不具合事象と

不具合部位の統計です・・・🙄

 

見ると今現在でも上位にある項目は

いずれも「地盤」に起因しているモノが

・・・多いのです😟

 

となれば・・・

やはり「地盤」を学ぶしかないじゃないですか?

 

極々当たり前の事だと思いますが

・・・如何でしょう?

そして多くの「建築士」たるものが認識していないのが

地盤に起因した事故が起きた時の最終責任は

「建築士」にあると云う事です😠

 

幾ら立派な建物を建てても

幾ら工場生産で品質を均一化させても

 

それらが乗っかる「地盤」が最重要だと云う事😄

 

皆さんが建てる家の建築士さんは

地盤について勉強されてますか?

地盤について知っていますか?

 

今からでも遅くないです

聞いてみましょう・・・?😌

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次