株式会社 近藤建設興業

構造体感会

2020.8.30

先日ご紹介した「気密測定プレ検査」を行った

北区は尾上某所現場・・・

本番「気密測定」結果は・・・C値0.15でした😜

 

今日は「気密」の話は置いといて・・・

 

酷暑の折の「現場体感会」のご紹介です😅

弊社の現場はご覧のように敷地内に

「土木シート」なるものが敷き詰められ

基本的に「土」は見えない状態になっています😊

 

そして仮囲いには

弊社の年間の性能平均数値が記載された

懸垂幕が誇らしげに掲示されていて

 

「ただモノでは無い」?的な

雰囲気を醸し出しています😏

さて・・・酷暑の折の「現場体感会」ですが

何と本日3組のお客さまのご予約を頂戴し

午前中の2組さまを私が直々にご案内させて頂きました😊

「構造体感会」はまさに・・・

完成してからでは見えない構造

 

・・・所謂骨組みを見て頂き

分からないなりにでも

それを見て感じて頂きたいのが主旨です😉

そもそもで云えば

「構造体感会」が行える建物と

そうでない建物が有る・・・と云う事?

我々が手掛ける軸組構造は

鉛直材の「柱」と水平材の「梁 桁 胴差」で

構成されています・・・😙

云わばこれらは日本に住んでる限り

少なからず幼少期を含め

一度は見たことが有る骨組みなのです😙

なので見ても感じても

さほど違和感は生じず

 

更に「木材」を感じることで

構造を何となく

理解する事が出来ます😊

ところが・・・

合板の組み合わせによる

2x4とか2x6構造とか・・・

工場生産による軽量鉄骨構造とか・・・

見れたものでは無い

・・・と云う事なのです😅

勿論・・・

経験則の無いモノを拒絶する?的な

感覚もあるでしょうが・・・🤨

 

建築の知識を持って無い皆さんでも

見た目で感じる事は

あながち間違っていない😊

 

「構造」は分からないなりにも

是非体感してみましょう😉

酷暑の折の「構造体感会」

確かに暑いのか暑くないのか?ってなると

当然・・・暑いです😫

 

でも・・・お話ししたように

「何か」?を感じて頂ければ幸いです😃

 

一生の一度の家です・・・

その構造を知らずして

生涯を託すのは如何なものでしょう?

 

「構造体感会」是非ご参加下さい・・・ませ😁

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次