株式会社 近藤建設興業

快適vs省エネ?

2020.9.4

整然と並べられたコンクリートブロック・・・😀

外構工事進行中の倉敷市は真備町に建つ

OKAYAMA NEUTRAL PASSIVEの家😊

2年前の教訓を生かし

工夫がなされた邸宅は今後

ここ真備町だけの

特別なものでは無くなると思われます😐

玄関ホールに設けたトップライト・・・

「昼光利用」と云います

 

北側の屋根から直接昼光を利用する

パッシブデザインの設計手法で

 

日中照明を付けない事で

省エネに寄与出来ます😉

パッシブデザイン住宅の特徴は・・・?

 

なるべく自然の摂理に従い

極力自然のエネルギーを上手に使おう!的な

 

そうする事で機械設備に偏らず

快適性と省エネ性が双方実現できる・・・😁

確かに冷房すれば涼しいし

暖房すれば暖かいでしょう・・・

 

でもそのような機械設備に偏った暮らしでは

省エネは・・・実現できないものです😫

 

これだけ自然環境が劣悪化すれば

確かに機械設備に頼らざるを得ないし

 

ましてや今夏のような酷暑では

冷房を付けない選択肢は有りません・・・😵

でも実は・・・

酷暑の折の過ごし方には

少々工夫が必要で・・・😌

 

理科的には・・・

気温が上がれば湿度は下がり

気温が下がれば湿度は上がります😃

 

ところが日本の夏は・・・?

気温が高く湿度も高い😬

 

要するに「湿度」に

気を付けないと行けないのです😴

 

そしてこの「湿度」・・・

 

弊社の設計手法パッシブデザインでも

唯一コントロールできない代物なのです😐

よって夏・・・快適に過ごす為には

「湿度」のコントロールが必須で

 

しかもこの「湿度」・・・

 

極めてコントロールが難しいモノなのです😶

 

今後はこの「湿度」について

まだまだ学び考察が必要となるでしょうね😠

 

そこで「湿度」対策に登場するのが

勇逸無二の機械設備・・・具体的にはエアコン😅

 

決してエアコンは悪では有りませんし

昨今の夏を考慮すればエアコンは大切です😊

 

快適性vs省エネ性

相反する事のようですが

 

上手に同居させたいものです🙂

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長

Pageup
目次