株式会社 近藤建設興業

「窓」のはなし・・・

2021.3.23

何時になく真剣な・・・私

最近はインターネット普及のおかげで

様々な文献や知見を

WEBにて学ぶ事が出来ます😀

 

逆にYouTubeなどでは

広告費目当て?

メーカーさん誘導?売名行為?

のような情報発信が後を絶ちません😥

 

勿論まっとうな話をされてる方も居ますが

特に最近気になるのが

「窓」の話・・・😁

 

窓のJIS規格A2104

度々「複合」vs「樹脂」について

コメントしていますが・・・😁

中々伝わらなくて・・・

 

弊社にお越しのお客さまも

「どっちが良いのですか?」と

よく質問をされる・・・😅

 

そこで今日は改めて

「窓のエネルギー性能」

について・・・😙

 

 

窓の性能は

「断熱」「日射取得遮へい」「気密」

窓のエネルギー性能は

「断熱」「日射取得遮へい」「気密」

についてきちんとJIS規格があります・・・

 

もはやJIS規格が信じられないなら

日本で家を建てるのは

考えた方が良いのですが・・・😅

 

WEP指標

WEP指標・・・

ウィンドゥ エナジー ポテンシャルの略

 

此方の計算式で窓のエネルギー性能を

暖房期、冷房期と

算出できるようになっています😉

 

ここでは詳しくはお伝え出来ませんので

詳細が知りたい方は是非

「住宅 窓 WEP」とかで

ググってもらえば

沢山の論文に基づく

文献知見が登場します😄

 

以下簡単に結論・・・

 

W1普通ガラス

W2取得ガラス

W3遮へいガラス

 

南側では

通年でW2<W3<W1の結果・・・

 

6地域岡山での計算結果

※日本板硝子協会 資料

つまり・・・

結露するとかしないとか

断熱不足とか十分とか

そんな事で窓を選択しないし

 

きちんと定量的に

使う地域で判断すべき

だと云う事です😁

 

土間床等の外周部の線熱貫流率の算出プログラム

さて・・・住宅の性能については

少しずつですが底上げが行われ

改善傾向にあると思われます😀

 

しかも来月4月からは

「改正建築物省エネ法」

次々に始まります😁

 

楽しみのような・・・

大丈夫か?と心配なような・・・

 

皆さんもこれからの家づくりは

益々勉強が重要ですよ😅

 

業者任せでは良い家が建てられない

そんな業界だと云う事を

・・・・お忘れなく😓

 

性能

https://www.kondo-kk.com/passive/performance/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次