株式会社 近藤建設興業

冬を旨とすべし・・・

2021.5.11

県北は苫田郡にて祝上棟

県北は5地域にて祝上棟・・・😀

 

最近では全県からの引き合いを頂戴し

 

5地域は勿論の事

私の出身地の4地域でも

 

岡山県内すべての地域でUa値0.36以下の

HEAT20のG2グレードをクリアしています😄

 

のどかな田園地帯に高性能平屋の新築です

なので・・・

5地域のG2クリアなんて朝飯前です😁

とは云っても油断は禁物・・・

 

実務的に云うと・・・

 

断熱性能だけを高めることは

高性能な断熱材と窓を使用すれば

さほど難しい事では有りません😅

 

平屋の建てられる条件が有る方は

平屋を!!

されど・・・

 

パッシブデザイン的には

断熱材や窓の断熱性能を高めれば

冬の日射取得が少なくなってしまいます😴

 

そりゃ・・・当たり前です

 

断熱性能が高いと云う事は

熱移動が少なくなると云う事・・・

 

よって太陽の熱エネルギーを

取得する事が出来なくなるのです😅

 

粛々と進む上棟作業

700年程昔・・・

 

かの有名な吉田兼好が

徒然草なるものを読んでいます😉

 

徒然とは・・・?

やるべき事がなくて、手持ち無沙汰なさま

と有ります・・・

 

その中で・・・

おせっかいな随筆を読んでいるのですが😗

 

旧本社吉備中央町からは40分程度

一文に・・・

「日本の家は夏を旨とすべし」

・・・と有ります😁

 

当時は冬は囲炉裏が有り

我慢強い日本人はそれで暖を取り

やり過ごしていたのでしょう・・・😅

 

日本の家で最も重要な天井に

硬質ウレタンフォーム+グラスウール

所が逆に夏は・・・

電気が無い、サラリーマンでは無いので

皆家に居る・・・・当然暑い訳で

 

よって夏をやり過ごす為に謳われたのが

先述の「徒然草」・・・😌

 

天候に恵まれ無事上棟です

詳しくはここでの説明は避けますが・・・

 

南北に長い四季の有る日本では

沖縄以外では圧倒的に

「暖房エネルギー」が多い事実😅

 

よって・・・

住まいの断熱性能を高めることは

間違いでは有りませんが・・・😙

 

「夏向きに作りましょう」は

・・・ちと異なります😅

 

ご家族親族様お揃いで上棟式

そもそも「パッシブデザイン」の住まいは

その地の

自然のエネルギーを最大限に活用する

設計手法・・・🤨

 

建てる地域や場所により全く異なります🤨

 

その中で・・・

全国統一の断熱性能はおかしいし

必要も・・・ありません😅

 

地域工務店の建てるべき家が

見えてきますね・・・😄

 

何時見ても皆さんの笑顔が一番ですね

話は戻りますが・・・

 

断熱性能を高くし過ぎると

冬の日射取得が必然的に減少します😮

 

日本では沖縄以外は圧倒的に

「冬のエネルギー消費」が多いもの😅

 

となると・・・

せっかくの「晴れの国」岡山での

日射取得エネルギーは多い方が良い

 

勿論ご理解いただけますよね😄

 

工事もこれからが本場です

繰り返しますが・・・

 

住まいの断熱性能は

断熱材や窓の性能だけでは

決まりませんし・・・😊

 

冬の日射取得が少なければ

夏の日射熱取得が増え

 

冬寒く・・・夏暑いとなり

逆効果ともなります😅

 

温熱環境はちょっとやそっとで

身に付く知識では有りません😗

 

試行錯誤を繰り返し

ブラッシュUPされるのです😑

 

でも今現在・・・

そうした学びをお客さまの実邸で

行う訳にも行きませんし

 

未来の子供達に

胸を張ってバトンを渡したいなら・・・

 

今からでも遅くは有りません😆

 

学びましょう・・・😁

 

 

性能

https://www.kondo-kk.com/passive/performance/

 

 

 

 

 

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次