株式会社 近藤建設興業

密接な結びつき・・・

2021.10.29

お日柄も良く祝上棟

休み明けは・・・祝上棟😀

いや~っ、久しぶりに連休で

ゆっくりさせて頂きました😁

 

お施主さまは

15年来のオーナーさまのご親族

本日の上棟は

15年来のオーナーさまの

ご親族がお施主さま

感慨一入・・・です😄

 

場所は変わり気密測定現場

場所は変わって現場打合せ・・・

北区は2区画に建つ

吹き抜けの有る広々和風の家😉

 

先日の現場打合せの様子

様子は先日の

大工さんと建具屋さん

(造作扉の職人さん)との

打ち合わせの様子です😄

 

元現場の人間には楽しい時間

元々現場上がりの私・・・

やはり現場の内合わせは楽しい😄

沢山の発想が産まれ・・・

若人よ現場に行け!😁

 

気密性能は現場実測でしか測れません

さてそんな現場にて

本日は気密測定が行われました😄

 

室内を減圧し圧力差で隙間を計測

気密測定は送風機により

室内を負圧にし

その際隙間から入る空気との圧力差を

隙間相当面積に換算する実測😮

 

開口面積が多ければ不利になります

「住宅の隙間は少ないほうが良い」

これは現在では常識であり

皆さんも周知の事実・・・😄

 

結果は・・・C値0.16

何故なのか?は・・・

隙間が多いと熱損失を生じる

隙間が多いと換気が不十分

そして・・・経年経過により

その隙間は増大すると云う事実・・・😯

 

この建物で約5㎝x5㎝の隙間

なので我々はとにかく

換気扇の穴以外の隙間をなくす事に

注力している訳です😄

 

天気に恵まれ外装工事も進んでいます

考えてもみて下さい・・・

 

上記のような30㎝近くある穴のそばで

真冬に食事をしてる光景を・・・😮

 

上棟現場に戻ります・・・

さて再び上棟現場に戻ります・・・😊

 

あっという間に進んだ上棟は

既に屋根の下地工事に進んでいます😙

 

作業も順調に進み屋根工事中

実は・・・

先程の気密性能と上棟とは

深~い関係が有るのです🤨

 

気密性能は上棟時で決まります

ご覧頂いているように

上棟時に気密テープが

木材のジョイントに貼られています😮

 

屋根の木工事も仕上がりです

そうなんです・・・実は

上棟前の土台敷と云う準備段階から

気密性能を高める作業は

行われているのです😃

 

上棟祭の開催

気密作業も上棟作業も一段落し

秋のつるべ落としに負けない様

上棟式の開催です😀

 

祝詞奏上

私による祝辞の後には

祝詞奏上・・・

既に十数年も奏じていますから

そろそろ免許皆伝?😅

 

大工さんを交え記念撮影

如何でしたでしょうか?

気密性能と上棟との密接な結びつき😀

 

こうした小さな積み重ねが

最後に優れた数値を可能にしているのです😁

 

何か今日は企業秘密をバクった?😆

大丈夫です・・・

そんなに簡単にマネできませんから😁

 

パッシブパフォーマンス

https://www.kondo-kk.com/passive/performance/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次