株式会社 近藤建設興業

一色

2022.6.15

SWパッシブZEHリノベ研究会

リノベの夜明け・・・か?

 

最近よく聞くリノベ・・・

ややこしいので整理しましょう😅

 

リフォームは老朽部分の修復

リノベーションは付加価値改修

大きく異なります😁

 

7月のキックオフに向け下打ち合わせ

次に・・・

弊社の所属する全国SW会からも

リノベーションの言語が

多々聞かれています😗

 

此方も整理しましょう・・・😁

 

本日開催された

全国SW会

パッシブZEHリノベ研究会

 

此方はあくまでも

実施知見を集めファミリー会員が

リノベを施工しやすくする

先導的な役目・・・😅

 

よって、営業からファイナンスそして

現場の知見を共有します😙

 

もう一つ・・・

全国SW会性能向上委員会の

パッシブZEHリノベチームは

その技術的なサポートを行う集まり・・・

 

何か余計ややこしくなりましたかね😅

 

ともかく役を退任した私が

新たに任された試されごとであります😆

 

・・・とにかくガンバリマス😁

 

リノベ学校2022

かれこれ5~6年前だろうか?

当時もリノベーションを学ぶ為に

1年間大阪まで通った時期が有りましたが・・・😌

 

数年ぶりの1985リノベの学び

如何せん・・・当時は弊社としては

新築一本でリノベーションは

依頼が有れば的で考えていなかった🤨

 

よって改めて数年ぶりの学びを始めました😄

 

同時刻7月2.3日開催の

「住まい夢フェア」打ち合わせ

同時刻・・・

 

7月2日(土)3日(日)

コンベックス岡山にて

 

30回目を迎える

「住まい夢フェア」を開催のための

入念な下打ち合わせが行われています😮

 

設計チームは新人を中心にCAD研修

そして午後からは

設計チーム新人スタッフを対象に

CAD研修・・・😀

 

福井コンピュータさんのオンライン研修

弊社のCADは・・・

 

建築CADでは最大手であり

シェアNO.1の福井コンピュータさんの

アーキトレンド・・・😄

 

構造計算についてCADで学びます

現在6台が導入され

それでも不足しながら

フル回転しています😮

 

よってかなりのヘビーユーザー故に

こうしてオンラインによる操作研修を

受講させて頂いています😁

 

リノベ学校に戻り改修における課題

さて私が受講中の

リノベ学校に戻りますと・・・

 

改修における課題を学びます😄

 

リノベの普及の為に

改修による価値創造の定量化が

最も重要・・・なる程です😙

 

目指すべき改修について学びます

SW会では全面断熱改修を行いますが

リノベ学校ではエリア断熱改修を学びます😗

 

どちらも重要で

リノベは選択肢を増やす事も

普及の一つと考えるからです・・・😊

 

いずれにせよ・・・

少子化、人口減少、経済低迷と

日本の未来は決して明るいものでは

無いかも知れません・・・😣

 

だからこそ既存建物のパッシブZEHが必要

 

今後も様々な知見を重ね普及促進に

一役担いたいものです😄

 

総社市某所・・・躯体防水検査

さて最後は現場便り・・・

 

総社市に建つ平屋の家

本日第3者機関による

中間検査を実施しました😉

 

第3社検査員による中間検査です

中間検査も様々な内容が有り

今回は躯体検査・・・

 

云わば構造に関する耐力壁や

金物取付の整合性や取付忘れの内容

有無についてチェックを受けました😄

 

当たり前ですが防水検査も実施

そしてもう一つ

中間検査で重要なのが

防水検査です・・・😗

 

此方は未だ義務化されては無く

あくまでも任意の検査となりますが😶

 

防水は・・・

雨水の進入に大きく関係しますので

 

弊社では第3者機関による

検査を受けています😏

 

屋根仕上げの下にある通気層

一般の方は恐らく

あまりご存知ないでしょうから

是非知って置いて頂きたいのですが・・・😅

 

ここ数年の酷暑や突然の豪雨などの

環境の変化に伴う異常気象により

板金屋根の結露が問題になっています😮

 

通気胴縁の代わりに

エアースペーサーを導入

夏などは要は熱せられた屋根材が

急な雨により冷やされ

裏側・・・云わば下地側に

結露を生じる現象です😯

 

冬も逆の現象が起きる事もあります😥

 

これらが数年に渡り繰り返されると

屋根の下地材の劣化を招き

放置しておくと躯体の劣化迄招きます・・・

 

しかも怖いのは・・・

初期段階では見えない

取り返しのつかない状態になるまで

分からないと云う事です😮

 

なのでそれらを防ぐ為に

板金屋根の下には通気層が必須です😗

 

今更ですが・・・

皆さんの住まいの板金屋根の下には

通気層有りますか?😮

 

今日は様々な学び一色でしたが

こちらも重要な学びの一つでしょう・・・😀

 

陶板屋

https://tobanya.com/

イベント情報

https://www.kondo-kk.com/event/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次