株式会社 近藤建設興業

住まい3大不満?

2022.1.16

気密測定値C値0.17

いくら高断熱・・・

パッシブデザイン・・・と

謳ったところで・・・😗

 

今冬のように風が強く

低温が続く厳しい冬は

気密性能が非常に重要になって来ます😁

 

私のYouTubeにも動画がUPされていますが

此方が先日行われた

倉敷市現場での気密測定の様子です😗

 

送風機と圧力差測定機

気密測定は机上の計算では算出できず

こうして現場にて実測を行い

数値化するもの・・・😅

 

送風機にて室内の空気を強制排出し

その際屋外から

隙間を通って入ってくる空気との

室内室外圧力差を機械により測り

家全体の隙間の面積を計算算出するもの😮

 

50Paまで圧力を掛けます

最大50Paまで圧力をかけますから

1Pa≒10.2kg/c㎡・・・

かなりの圧がかかるのが分かると思います😮

 

今回の数値はC値0.17

家全体で

約4.8㎝角の隙間が有るって結果です😀

 

家に隙間が無い方が良いのは分かったけど

その隙間C値はゼロにはならないのか?🤨

 

よく聞かれる質問ですが・・・残念ながら

大工さんの腕が幾ら優れていても・・・

窓の隙間が有りますから

ゼロにはならないのです・・・😅

 

まぁ・・・窓を小さくしたり

開閉できない窓を多用すれば

C値は良くはなるでしょうが・・・🙄

 

其処はパッシブデザインに反しますので

社内基準C値0.3以下と定めています😁

 

完成体感会2日目

さて本日は完成体感会2日目・・・

ご予約のお客さまが続々と

ご来場されました😉

 

寒い日でも天気が良ければ

無暖房で過ごせる弊社の家ですが😍

 

実はどんな有名な住宅会社の家でも

住んでからの不満は有るようで・・・😮

 

直射の無い洗面室で22℃

しかもその不満はほぼ共通していて

日本の家の3大不満要素と呼ばれています😆

 

さてそれは・・・

・暑い

・寒い

・光熱費が高い

 

・・・なのです😆

 

技ありのウィンドキャッチャー

それ以外が・・・

収納が少ないとか

動線がとか間取りとからしく

 

それらは居住年数により

家族構成が変化し

多かれ少なかれ訪れるもので・・・😅

 

拘りの和室

住んでから即体験するのが

日本の家の3大不満要素と

云われるものなのです😱

 

フラットキッチンも人気

逆に考えれば・・・

弊社が建てる家に住めば

それらの不満要素は全て

解消されると云う事😁

 

LDKではピーク時

27℃になったそう・・・

デザインや色柄も確かに大事です・・・

でもパッシブデザインや温熱はもっと大事😁

 

皆さんも住んでから後悔しないように

今からでも遅くは有りませんよ・・・😙

 

 

設計

https://www.kondo-kk.com/passive/design/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次