株式会社 近藤建設興業

環境ポイント・・・?

2022.8.30

おかやまSW会8月度定例会

SW(スーパーウォール)も皆さん

既にお馴染み?

 

最近ではSWで検索されて

業者を探す方も増えてるそう・・・?🤨

 

そんな同じ断熱材を使った

高気密・高断熱・高耐震・超制震の工法を

採用している住宅会社の集まりが

 

・・・「SW会」

 

全国、中四国ブロックとあり

この度はエリア会

 

「おかやまSW会」定例会を

ハイブリッドで開催しました😉

 

SW工法立ち位置

しかし弊社は・・・あまり

こうした工法の事を謳わないのは

 

工法ありきで家のすべてが

決まる訳では無いと思うからです・・・😅

 

やはり家は設計が重要であり

つくる職人さんたちの技術が重要であり

 

認定とか保証とかアフターとか

勿論金額とか・・・大切な所は

多種多様なのであります😁

 

只、珍しい比較なのですが・・・

 

例えば我々の工法を単純に

供給棟数で判断するのでは無く

 

独自ではありますが「環境ポイント」で

比較してみたところ・・・😚

 

エリアシェア

一次エネルギー消費量評価の

全体削減率R値が会平均で106.2%

一般の住宅が20%程度と想定すると

 

なんと一般5棟分と我々の1棟とが

同等と考えることが出来ます😁

 

そうなると年間棟数が2145棟で

5位の我々ですが・・・

 

エネルギー削減率で比較すると

2145棟x5=10725棟・・・

 

断トツの日本一の

住宅供給グループとなる訳です😆

 

 

住まいの多層化

出所:新建ハウジング

 

又、全国に652社の

ファミリーが要る訳なので

 

年間棟数が少棟数でも

地域でのシェアは高い場合もあります🤩

 

これを・・・

「スモールエクセレント工務店」と呼び

 

少子化、高齢化で人口減少の日本では

工場で大量生産し全国展開する住宅会社は

今後不要で・・・😨

 

地域で地域に合わせた家を建て

長く使う、シェアする、次世代に引き継ぐ

 

そして中古住宅や空き家の流通も

地域工務店の仕事だと思いますから

 

我々もエリアシェア5%を目指し

これからも邁進して行きたいと思います😠

 

 

先月頂いた賞を改めて受賞

現在日本は決して

暮らしやすい国とは

云えなくなって来てます・・・😧

 

環境問題は勿論・・・

インフレに賃金問題や社会保障

そもそも雇用の問題なども山積みです😞

 

そんな中で家を建てる事も

多層化が進んでいます・・・

 

一部では・・・

世帯年収1000万円超でないと

大手ハウスメーカーの家は建てられ無い

と迄・・・云われています😮

 

LIXIL本部より阪田部長の来岡

そんな中でも我々は

新築ばかりではなく

 

中古住宅の

性能向上リノベーションを通じて

 

新築に劣らない性能の家を

新築の8割くらいで

提供しようと取り組んでいて

 

多層化にも対応できる

技術と知識を兼ね備えています😊

 

 

スモールエクセレントを目指します

そもそも性能は

お客さまが選ぶモノではなく

 

高価格帯~中古住宅迄

価格帯によらず

性能の変わらない家を

提供するべきだと思います😄

 

新築より性能の良い中古住宅とか

新築より安価だけど

デザインの良い中古住宅とか・・・

 

バリエーション溢れる住まいが

提供できるのではないかと思います😗

 

これからも

スモールエクセレント工務店を目指し

ガンバリマス!!😉

 

おかやま暮らし

https://okayamagurashi.jp/member/

性能

https://www.kondo-kk.com/passive/performance/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次