株式会社 近藤建設興業

真の日射熱利用暖房とは?

2022.12.18

11:07

12月18日(日)11:07 外気温3.1℃

北側寝室21.7℃

2Fセカンドリビング26.2℃

LDK23.1℃

 

13:21

12月18日(日)13:21 外気温4.5℃

北側寝室21.1℃

2Fセカンドリビング23.2℃

LDK22.5℃

 

15:03

12月18日(日)15:03 外気温4.2℃

北側寝室21.0℃

2Fセカンドリビング22.8℃

LDK22.1℃

 

日射熱利用暖房中

太陽光は・・・

紫外線、赤外線、可視光線の

3つの光線により構成されています😗

 

太陽から発線されていますから

空気の無い真空状態で

地球迄届いている訳で・・・😗

 

1000w/㎡sの熱が取得できます

その絶妙な距離で

我々が生息できていて・・・

 

太陽光無しでは生きて行けないのが

地球上に生息する全ての生き物です😅

 

紫外線と云えば

悪者にされがちですが・・・

 

全てが悪いわけでは無く実は

必要不可欠なモノなのです・・・🤨

 

省エネにも寄与する日射取得

そこに以前からですが

LOW-Eガラスを用いた

遮蔽ガラスなるモノが重宝され

 

折角の太陽熱を

遮っている状況・・・😣

 

果たして・・・

LOW-Eガラスで

熱が遮れるのか・・・?ですが🤨

 

赤外線から発する熱量

良く・・・

遮熱ガラスって云う人がいますが

正確には遮蔽ガラス・・・です😁

 

遮熱ガラスってのは間違ってます😆

 

先述の太陽光に含まれる

可視光線ですが・・・

 

ガラスを通して室内に侵入し

モノに当たった瞬間に

赤外線に変化します😮

 

吹き抜けの実力

太陽光の3つの構成の内

 

赤外線ヒーターが有るように

赤外線が熱を持っていますから

 

可視光線が室内に入れば

必然的にに変化し発熱するのです😗

 

だから冬は

積極的に取り入れるべきで

 

逆に夏は

窓の外で遮蔽をしないと

カーテンでは室内側で

発熱していると云う事😆

 

温熱とは・・・?

温度と熱の事

 

簡単なようで

それらの原理原則を知らないと

 

パッシブデザインは

設計できないのですよ・・・😁

 

スタジオにて打ち合わせ

さてそんな冷え冷えの屋外に合って

スタジオ内はポカポカ陽気😁

 

現在工事中のお客さまの

カーテン打ち合わせが行われました😊

 

今年の冬至は22日

先程の温熱の原理原則では有りませんが

来たる22日が今冬の冬至となり

岡山では太陽高度が30度程度となります😗

 

故に23日からは

太陽高度は上がって行く訳で・・・

 

ラニャーニャ現象により

12月も冷え込んでいますが

 

当然厳冬はこれから・・・

 

太陽高度の上がる冬本番に

軒を出し過ぎると

折角の日射熱利用が

出来なくなります・・・😮

 

皆さんも家づくりの際に

なんちゃってパッシブデザインに

くれぐれ・・・注意しましょう😆

 

玄関から見上げる空

2日間に渡り

シークレット体感会で

お世話になった邸宅

 

本日お施主さまの

完成時確認も頂戴しました😀

 

お引渡し前のお施主様確認

寒空の元でしたが

室内はご覧の様にポカポカ快適

 

日射熱利用暖房・・・恐るべし😮

 

お施主様から頂きました

お施主さま完成確認時に頂戴し

もしかして・・・初物かも?😁

 

体感会でお世話になった上に

志迄頂戴し

大変ありがとうございました😊

 

お引渡し迄もう少し

お楽しみにお待ちくださいませ😙

 

パッシブデザインテクニカルフォーラム

https://pdtf.jp/

パッシブ設計

https://www.kondo-kk.com/passive/design/

近藤 直岐

社長のひとりごと

株式会社近藤建設興業 代表取締役。人と住まい、地域と環境、すべてにおいて最善の住まいを常に探求。岡山県の住環境のあり方を本気で考え、未来の大人たちに誇りを持ってバトンを渡すために日々邁進中。
一級建築士/全国SW会性能向上委員会 初代全国委員長/暮らし省エネマイスター/CASBEE戸建評価員/HEAT20正会員

Pageup
目次